男女

経営者への道|飲食店開業には準備が必要!

資金調達から各種届出まで

複数の人

市場調査や販促活動も重要

全国各地の都市には、レストランやラーメン店・ファストフード店・居酒屋など数多くの飲食店が存在します。それらの店では親の代から受け継いでいる経営者も少なくありませんが、サラリーマン生活を捨てて独立開業に踏み切った人も案外多いものです。飲食店を新規に開店させるためにはある程度の開業資金が必要となる他、物件選びや店舗工事の手配、従業員採用などの準備作業も欠かません。小売店やサービス業の店とも共通するそれらの開店準備に加え、後述するように飲食店独自の準備作業も必要となります。従業員を雇わないほど規模の小さい店を作る場合であっても、資金調達は飲食店開業に当たって最初に取り組むべき課題です。店舗の賃貸料や外装・内装工事費に加え、厨房設備や什器類など開店に必要な費用が運転資金とともに計算されます。開業資金が準備できたら物件選びや工事業者の選定を経て、食材の仕入先決定や従業員の採用へと準備作業が進められていくのです。飲食店を開業するには保健所に営業許可を申請する必要があり、従業員30人以上の店舗では消防署への防火管理に関する届出が欠かせません。このような準備を経ることで飲食店を開業できますが、売れる店作りのためには市場調査や販促活動も重要になってきます。事前に入念な事業計画を練って店舗の目指す方向性を明確にし、市場調査に基づく有利な立地条件を確保することが飲食店成功の秘訣なのです。開店に当たっての販促活動も売上を大きく左右する要因となりますので、屋外広告やチラシに加えてSNSを使った情報拡散なども効果的です。メニュー開発もまた飲食店を成功させるためのポイントとなっており、店舗内装や接客サービスも含めた総合的なマーケティングが必要となってきます。飲食店の独立開業や経営改善を手がけるコンサルティング会社では、資金調達や各種届出からマーケティングに至るまで幅広くカバーした開業支援を行っています。

おすすめリンク

  • 売れない飲食店撲滅委員会 コンサルタント比較ランキング

    飲食店で開業に必要な情報をサイトで取得してみませんか。事前準備をスムーズに行なうためにもリサーチしておこう!

都会で工場付の事業を興す

工場が必要な事業を興す時、初期投資を抑えるために貸工場を利用します。大阪のような大都市は土地が少なく地価も高くなっているので、貸工場を利用します。宅建主任の資格を持った不動産業者に依頼して物件を探します。公害防止や都市計画法などの法律が関係してくるので、それらの案件をクリアにする必要があります。

海外進出を考えるなら

インドネシアにある無数のビジネスチャンスを活用したいなら、コンサルティング会社に進出の相談をおこなうことから始めましょう。インドネシアを専門とするコンサルティング会社にお願いをすれば、想定されるトラブルを回避・解決してくれるため、安心して進出ができます。

中国の商品を賢く入手

中国輸入代行サービスは、中国のショッピングサイトの商品を利用者に代わり注文、受け取りしてくれるのが特徴と言えます。ほとんどのサービスは、不良品への対応もすべてお任せ出来、スムーズに商品の購入が可能です。