男の人

経営者への道|飲食店開業には準備が必要!

都会で工場付の事業を興す

工場

宅建主任のいる業者に依頼

工場を必要とする事業を新規に起ち上げる時、利用すると便利なのが貸工場です。特に大阪のような大都市では工場を建てるだけの土地が少なく、あったとしても非常に地価が高くなっています。大阪には中小企業の工業エリアが存在しますので、貸工場も探せばたくさんあります。ただし貸工場を使って起業する場合、貸工場独特の法律を知っておく必要があります。そのためには宅建主任の資格を持っている不動産業者に相談するのが一番です。例えば業種によっては公害防止の整備に関する法律などを守る必要があります。また都市計画法も関係してきます。これらの諸手続な設備の整備などが貸工場を利用する場合には検討します。大阪で貸工場を探す場合、かつての工業地帯に近い不動産業者を訪ねます。大阪では中小企業の工場が多いので、様々な物件があります。不動産業者と結ぶ賃貸契約は一般の場合とほぼ同じですが、商業用の賃貸契約の場合は公正証書が必要になります。貸工場といっても業種によって必要な設備、広さが確保できるかどうかが大切です。そのためには事前に事業計画書などを作成しておき、その事業に適した物件を不動産業者に探してもらうことになります。宅建主任の資格を持っている不動産業者なら、民法上の色々な制約もクリアにしてくれます。貸工場を借りていよいよ事業活動を起こす時、社会保険労務士のサポートが必要になります。社労士は工場で働く労働者の就業規則や社会保険の手続きなどを行ってくれます。